読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毎日、週末を楽しみに働いているのだが、先月ぐらいから東京近辺ではすっきりと晴れた記憶が無い。基本的に休みの日は、晴れていれば自転車で出かけるのだが、最近ではそれに写真も加えたいという事で、いろんな事を試行錯誤している。

試行錯誤と言えば大げさだが、ようするに自転車でどうやってライカのカメラを運ぶのかという事である。

ロードバイクを三台、クロスバイクを一台、ミニベロを一台と、合計五台も持ってはいるものの、どれもカメラを持って乗るには適していないようだ。自転車とカメラは相性が悪いみたい。

もちろん、ちょっと家の近所まで行って撮影ということであれば、それほど問題は無いのだろう。しかし写真を撮りたいなという場所は、自転車で何キロも走った先にこそ現れるだ。

前回のブログに書いた乗鞍などは、まさにそういった場所でありました。

ライカを持って自転車に乗るためには、そして、その自転車をある程度の長距離ライドにも耐えられるものとするためには、どうしたらいいのだろうかと考えてきたわけです。

今現在のチョイスは「新しい自転車を買う」というものでした。

あまり馴染みのある自転車ではありませんが「タルタルーガSタイプ」という自転車を買いました。これは所謂フォールディングバイクという折り畳みのできるタイプの自転車なのですが、そこそこの走行性能も備えています。私の足でも100キロくらいは大丈夫です。

その自転車に、防水仕様のバッグを取り付け、その中にインナークッションを入れて、自転車写真輪行の準備は整いました。

あとは晴れた週末を待つだけなのですが、今週末の三連休も今のところ土日は雨。月曜日も曇りということで、はたして新しい写真は何時撮れるのでしょうか。