鎌倉散歩

今日は自転車に乗って出かけようと思っていたのですが、朝の寒さにめげました。

それならということで、車を洗車がてらコーティングを頼み、作業時間の間に鎌倉まで歩いてくることにしました。

手広から梶原、八雲、常盤と歩いて鎌倉市役所の脇を抜け、小町通りから北鎌倉へ抜け、最後は小袋谷経由で藤沢に戻ります。

歩いた距離は約17キロ。自転車ならばあっという間の距離ですが、歩くと結構時間がかかります。

ふくらはぎがパンパンになりました。

 

写真はライカM-PとQが混ざり合っていますが、モノクロは全てM-Pです。

 

まずは手広の交差点を抜けて鎌倉の長谷の大仏様へと続く道を歩きます。

梶原をすぎて、このまままっすぐ行くと大仏様へ続くトンネルですが、八雲神社前の交差点を左に曲がります。

曲がったすぐの場所に八雲神社があります。

小さな神社ですが、やはり趣がありますね。急な階段を登っていくと、本殿がありますが、周りはとても綺麗に掃き清められてありました。

 

f:id:hmatsumoto1958:20170211213258j:plain

f:id:hmatsumoto1958:20170211213407j:plain

f:id:hmatsumoto1958:20170211213457j:plain

f:id:hmatsumoto1958:20170211213557j:plainf:id:hmatsumoto1958:20170211213703j:plain

 

八雲神社から、通称市役所通りを歩いていきます。常盤のトンネルの前にちょっと気になる建物がありました。イタリアンレストランも入っているようです。

 

f:id:hmatsumoto1958:20170211213828j:plain

常盤のトンネルを抜けてくると、鎌倉市役所はもうすぐです。雰囲気が、どこにでもある田舎の町から観光地へと徐々に変わっていきます。

歩道のわきに何やらいい感じの八百屋さん。いわゆる鎌倉野菜などを扱っているお店のようですが、なかなかおしゃれです。むしろカフェみたいな感じですね。

f:id:hmatsumoto1958:20170211213937j:plain

 

カフェらしく、スムージーもありました。

 

f:id:hmatsumoto1958:20170211214046j:plain

f:id:hmatsumoto1958:20170211214149j:plain

 

鎌倉市役所を右手に見ながら、そのまま真っ直ぐ歩いていくと鎌倉駅にぶつかります。

手前にある小町通り側へ抜ける地下歩道へ左折していきます。

流石に土曜日だし、季節も外れているからあまり混んでいないだろうと思っていたら、すごい人出です。そういえば今日は祝日でした。

昼食を小町通りで適当に食べようと思っていましたが、断念しました。

このまま北鎌倉へ抜けることにします。

f:id:hmatsumoto1958:20170211214349j:plain

 

鎌倉から切通しを超えて北鎌倉へ。建長寺に寄ろうかなとも思ったのですが、早くコーヒーが飲みたくてパスしました。

建長寺の横、というよりは境内にある鎌倉学園では入試が行われていました。

f:id:hmatsumoto1958:20170211214508j:plain

 

 

f:id:hmatsumoto1958:20170211215757j:plain

 

建長寺から北鎌倉駅の方へ下ってきて、踏切前の道を右に入ります。思いついて、ここからはM-Pをモノクロモードにセットして撮影することにしました。二台持ちだと、こんな感じも良いかもしれません。

f:id:hmatsumoto1958:20170211215930j:plain

 

明月院まで上がってきます。あじさいの季節は本当にまともに歩けないほどの人混みですが、さすがにこの季節は静かです。それでも、出入りする観光客の姿は途切れません。

f:id:hmatsumoto1958:20170211220026j:plain

 

今日撮った写真で一番好きな感じの一枚です。何故そう感じるのかなと考えてみました。それはやはり人物が写りこんでいるからだと思います。

本当はやはり人物が撮りたいのです。しかし、なかなか撮れません。28ミリや50ミリで見知らぬ人物を撮るというのはかなりハードルが高いですね。それでついつい街角スナップになってしまいます。

これが次のレンズ選びにも迷いを生む原因のひとつなのだと思います。景色の可能性を広げるために、例えば21ミリを買うか、いや人物にもう少しチャンスを残すために90ミリを買った方が良いのか、悩みは尽きません。

f:id:hmatsumoto1958:20170211220135j:plain

 

ようやく石かわ珈琲さんの看板に到達。

f:id:hmatsumoto1958:20170211220226j:plain

f:id:hmatsumoto1958:20170211220313j:plain

f:id:hmatsumoto1958:20170211220411j:plain

f:id:hmatsumoto1958:20170211220507j:plain

 

今日は珍しく奥さまに珈琲を淹れていただきました。

f:id:hmatsumoto1958:20170211220551j:plain

 

石かわ珈琲さんを出てすぐの道脇にある生垣。最初は置物かと思ったら、生きてるリスでした。

f:id:hmatsumoto1958:20170211220640j:plain

 

 

広告を非表示にする